女子のいる風景

セレモニーは肩パット入りで

昨日は娘3号が通う小学校の卒業式だった。

もらい泣きしたよ…。在校生として参列した3号も、感動の余韻を胸に帰って来た。
んが、、しんみりもそこそこに、恒例の 『3号の人間ウォッチング』報告会が始まる。

○○さん母は、高級レストランのウェイトレスみたいだった。
メイドカフェとは違うよ。わかるでしょ? ……わかるか!んなもん。

○○くん母は、顔が小さすぎてむしろキモイ。……なんだそりゃ。

案外多かったのが、昔のヤンキーっていうか、キャバ嬢?みたいな。……わかる、よくわかる。(見かけるんだわ、妙な金髪のお母さんとか)

で、一番すごかったのがさ…… 

○○先生でしょ!!

あたり!そうそう。紫のスーツでさー ……肩パット入りでしょ。。
前髪がさー …… 立ってんでしょ。。
工藤静香かよっ! …… そんなツッコミありか?小学生…

いらっしゃるんだわ、一人。古きよき90年代を未だに引きずった先生が。
セレモニーの度に、楽しみにしてるんだわ。肩パットとスプレーで固めた とさか 前髪。
あれはいったい何なのでしょうか…
80年代後半~90年代前半、ナウなヤングは、ボデコンに身を包み
お立ち台の上で、扇子を振りながら体をくねくねさせたもんでしたが…確かに…
しっかし、それはアフター5の姿であって
仕事が終わってから、駅のトイレで着替えて…のいでたちだったと…認識しておりましたが?

センセイ…きっとあなたは
リアルタイムでその波に乗れずに、、そして今、やっと、

  あたしの出番が来たのよ!  

なのでしょーか? 保護者相手に「あんたら主婦にはできないでしょ!こんなおしゃれなファッション。負けないわよ!ヤンママにも」なのでしょーか?
なんかセツナイです。。35歳。



そして、違う意味で 感動した「保護者代表謝辞」の物真似。
いかんよ、ちゃかしちゃ…
と思いながらも、誰なのかがすぐわかってしまった。

都はるみさん だ…
さかのぼる事2年前。娘2号のクラスにもいたあのお母様。
元バスガイドだけあって、腹式呼吸による正しい発声。流れるような司会ぶり。
しかし、どこをとっても七五調。。演歌の世界なのだ。

式を終えたあとのホームルームで
担任(ガラの悪い北島三郎風)の予想外の号泣ぶりに誰もが感動し、
余韻を残しつつも、いい感じで担任がその場を去ろうとした(先生的には計算だったかもしれない) その時

「ちょ、ちょっとまって~~」          都はるみさん。
都はるみが『北の宿から』を歌う時のように、斜に構えたままで右手を差し出し
先生にすがるように飛び出して来て言った。

「みんな~、いいの?先生行っちゃうよー。ほんとにいいのー?」
そしてすがりついた。先生に…

あいたたた~
涙の別れが台無し。 

その時から、私は彼女を 都はるみ と呼んでいるわけだ。

そして、今朝、昨日の卒業式に出席した友人からのメール

「○○さん(都はるみ)の謝辞は素晴らしかった! 演歌の一節の朗読のようで」。



新学期には 工藤静香 に会える。
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-24 12:34 | 女のためいき

勘違いは我々の特権

あたし、バイ…なんたら…を一錠持ってんだよね。

唐突にママさんアスリート(本人曰く)の友人Aは語り始めた。
なんかよくわからんが、知り合いがくれたそうだ。

でもそれって、男が飲むもんじゃないのか?
たぶんね。
旦那にどーぞって事だろか?
すると声を大にして

旦那になんかやんないよ!もったいない!
いつか出番が来る日まで大事に持っといてやらぁー。

ときた。

はいはい、じゃあ、アタイが定期的に尋ねてやるよ
「奥さん、例の薬どうしました?もうお使いになられました?」ってさ。
聞いて欲しいでしょ?あんたも。
うん!聞いて聞いて!


そんな会話を交わしたアスリートAから届いたメール

『バレンタインデーにプレゼントもしてない人から、ホワイトデーにクッキーもらった場合
 4/14に、お返ししたらいいのでしょうか?』

えっと、何故アタイに聞く? ひょっとして自慢か? と思ったが

『そりゃあ、あんた、例のバイナンタラ…ついに出番が来たのでは?』
速攻返事を送る。


『いやいや、単なるアスリート仲間。で、ナンタラも必要ナシの元気な20代』
やっぱり自慢か!

『ついでに、例のナンタラは頂いてから1年を経過したため、昨日破棄致しました』と…

ナンダ、ツマンネー (心の声) 

だったら
『イケメンなら、すぐにお返しの品を。そうでもなければ無視!』

『了解!無視だ!』


いろんな意味で、勘違いもハナハダシイ。ママさん二人。

それが元気の素だったりもする。そして、痛かったりもする。
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-20 12:21 | R30

100均で ANNA SUI

ドラッグストアー内の『100均コーナー』で お香を見つけた。

気分転換にいいかも… アタイを癒してくれるかも…どれにしよう?
と、見て驚いた。

『ANNA SUI』タイプの香り に 『BAD GIRL』タイプの香り。。
ひょ~、105円で ANNA SUI とか楽しめるわけ?
娘1号と2人で
箱に鼻を密着させて、クンクンクンクン嗅ぎまくり、嗅ぎ漁り。
(箱にはアタイの鼻の脂が…)
そうしたら、『SAMURAI』なんてのもあって、男子高校生に結構人気あるとかで
(お香でなくサムライのコロンが…)
「うん、なんか、イケテル男の子ってカンジ♪」などと、1号が言うものだから

うへぇー、これが男子高校生の・に・ほ・いなのかーそうかー

 たまらん~ くらくらする~

と、いささかはしゃぎ過ぎの母であった。


はいはい、わかったわかった。と、1号に引きづられて店を後にした。
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-18 11:46

お詫び

先日の「更年期障害」についての記述の中に誤りがありました。

とりあえず、疑わしい部分を削除いたしました。
訂正したうえでお詫びしなければならないところですが…
まあ、個人のブログって事で、、お許し下さい。m(__)m
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-17 09:51

最終手段を考えてみた

久しぶりの更新にもかかわらず
暖かいコメントをいただき、初めましてのコメントもあったりして
またうるうるしたり…
嬉しいっすよ。ほんと。
やはり、ワタクシ、笑っていただいてナンボの女!
元気出さなきゃー!と思いつつ…


気分が滅入ると楽しい話題もなくて、過去のおもしろ話を思い出そうとしても、
腹の中に沸々と溜まった愚痴とか、反対にじんとくるような感動物語…しか出てこなくて
また、子の自慢話かよー!なんて具合になっちゃいそうだったので

こりゃーもう脱ぐしかないのかー?と考えていたら、、
って、、あたしゃ落ち目の芸能人かい!



娘1号が風呂に入るのに、母の目の前で脱ぎ出した。(我が家はダイニングの奥に風呂がある)
相変わらずイイカラダだったので(エエ、腹筋割れてます)
写メらせろと頼んでみたが、あっさり断られた。(当然だろ!)

ムスメの体に母の顔を合成してみたかっただけなんですが…
(よくある、アイドルの合成写真みたく)
ダメですか?そうですか。


2号の学校まで3号を送って行ったら、
武道場の前に、先週卒業した剣道部の男の子達が数人立っていた。
ひょっとして、高校合格の報告?と思い、声をかけたら
ニコニコして「はいー!」と返事をしてくれた。
普段は、照れくさそうにぶっきらぼうにペコリと頭を下げるだけの男子なのに…
満面の笑みで。
こっちまで幸せな気分になれた。
たまには外へ出てみるのもいいね。小さな幸せが転がってたりする。


ところで、娘2号は剣道部で唯一の『女子』部員。
一人、男子に混ざって厳しい練習を頑張っている。
ひとり、たった一人! まるでオオカミの群れに放たれた子羊のように…
と、言いたいところだが、
何故だ?2号は、部員のアイドルでもなければマドンナでもない。
「俺たち仲間だぜー」でしかない。
もっと、丁重に扱って欲しいもんだ。無理か?26cmの足の女じゃ…
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-16 18:28

エストロゲン分泌減少…か?

しばらく更新が滞っていました。
ご心配おかけしました。また、更新のない間もアクセスして下さった方もいらっしゃるようで
なんとも、嬉しい限りです。
皆様ありがとうございます。



自分が40代のおばさんになる日が来るなんて想像もしてなかった。
ましてや、更年期なんて…ずっとずーっと先の事と、
どこから来るのか、変な自信さえあった。はずなのに…
身体は確実に成長し…いや、老いて…いや、変化しているわけで。。
ホルモンは確実にバランスを崩し始めているようで。。

初めは、抗ウツ状態か?…と思ったりもした。
・やる気が出ない・体が動かない
・今まで楽しめていた事にも興味がわかない(ネットも読書も)
・人と会いたくない・外出できない
・動悸・焦り
ウツの初期症状にあてはまるものばかり。
この時点でもまだ「更年期」という言葉は出て来ない。

一日中、ただぼんやり過ごす日が続いた。
買い物にも行けず、行かなければ…と思うと、動悸。わけもなく涙が出る。
勤めに出ず、暇がありすぎるからか?自分を責める。
(勤めに出ない事に罪悪感を感じさせるような土地柄でもあるのですよ。この辺り)
子らに、ロクなツッコミもできない。程よいボケもかましてやれない。
ただ、
相変わらず腹は減るし、普段にも増して眠い!
これが命取りで、いや、救いで?どう見ても心に病を抱える人ではないようで。
「寝れないし、食べれない」がないと、どうも病人らしくない(と、世論の声)


久しぶりに、師匠でもある友人に仕事の事で電話をした。
近況報告を装い、悩みを聞いてもらう。
健康ネタや、健康補助食品に関しての記事を長く書いていた編集者の彼女が
自分の経験もふまえて、出した結論は

更年期かも…

ガーーン…

え゜!? え゜、、こ、こう、ねん、、き、、
更年期障害=閉経 
頭の中では、お花畑で舞うハイジの格好をした腰の曲がったワタシ。。
更年期ですか?もうそんな歳ですか?
とりあえず、若年性更年期にしといて欲しいとこなんだけど。。

どうやら女性ホルモンが関係しているらしい。
そして、今は何も考えずにゆっくりしときな。と暖かい言葉をもらった。
本来なら、ワタシが彼女にあげなければいけない言葉なのに。うぅ。
(友人は現在、寝たり寝れなかったりの激務な毎日)


このblogを訪れて下さる皆様には、まだ先の事とは思いますが
もし家庭や、職場で ”ヒステリックなばばあ”や”イヤミなお局様”がいらっしゃるなら
ひょっとしたら、その方は、エストロゲン減少中につき、ホルモンバランスを崩してしまわれた方かもしれませんので
どうか、暖かい目で見守ってやって下さい。


コメントのお返事、皆様のところへの訪問、ボチボチ再開いたします。
お許し下さい。
大豆イソフラボンで復活を目指します。
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-14 12:58 | R30

ムスメ、踊る。

なんか怪しい。雰囲気悪い。暗い…そんな空気を敏感に察して
娘3号は
手ぬぐいと竹のざる、つまようじを手に消えた。

そして、「すくえ~すくえ~」と
どじょうすくいを踊りながら現れた。
姉2人が大爆笑で場を盛り上げた。



気丈に、そして、バカのふりしていつも振舞うと決めたけれど
この日は、どうにも我慢できないものがあった。
緊張の糸がプツン…と切れて涙をこらえる事ができなくて
寝室に篭り1人で泣いた。
キッチンに下りて、涙をこらえながら夕飯の支度をした。
席についても、無口なままの母に
誰もが違和感を感じていた。


家庭の中で『お母さん』はいつも太陽でなければ…
なんて、よく言われるが、こっちだって生身の人間。
いつもそうしてばかりはいられないんだよー
と、叫び出したいところに…
これだ。

やられた。。


きっとどこの家庭でもあると思う。こんな風景。(イヤ、ドジョウスクイは踊らないか?)


子に救われ、子に教わり、子に育てられ、そして

子に守られている。親たち。


                                  どじょうすくいの共演者はこちらa0046658_1062029.jpg


なんだか、子の事ばかり…親バカもいいとこだ…
そんな自分に嫌気もさしたりする今日この頃。
まあでも、このブログは『子』がテーマなので、勘弁して下され。 
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-07 10:12 | 子ども部屋

季節の行事を大切にする 2

女子が3人もいるのに、なんでオーブン買わないかなー!
と、バレンタインを前に子らに責められている時に
おひな様もないしさー!と、密かに娘3号は嘆いていた。。

結婚生活は2DKの公団住宅で始まり、しかも転勤族って事もあって
「狭いし、引越し多いし」というのを言い訳に、お雛様は買わず終いだった。
(ビンボだった…ケチだった…てのが本来の理由なんだが)
そして、母自身もお雛様を飾ってもらった記憶がない…ときた。

雛祭りを前にしたある日
お雛祭りは『女の子の健やかな成長と幸せを願う日』という言葉を聞き
少しだけ胸が苦しかった。いつもながらダメな親だと…



今朝、3号は少しだけ早起きをした。そして
昨年自分で作った お雛様 をどこからか出して来て、飾ってから学校へ行った。
大事にしまっておいたようだ。

a0046658_9455416.jpg



なんだかな~。泣かせるやつだ。
お雛様とお内裏様の笑顔…
ひょっとしたら、私たち両親にこんな風に仲良く笑っていて欲しい…
そんな願いが込めてあるのだろうか。。

そんなこと考えたら、また切なくなった。
せめて今夜は、ちらし寿司(寿司太郎)でお祝いしてあげよう。






ハデに寝癖のついた髪をなでながら
80年代のアイドルかよっ!と、自分でつっこみながら出て行った3号の事は
見なかったことにしておこう。


                          季節の行事を大切にする1 はこちら
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-03 10:10 | 子ども部屋

春萌(きざ)す…のに

a0046658_17161715.jpg


柔らかな春の陽射しを浴びて、春色のスニーカーが出番を待っているのに…


ちょいとばかし、調子が出ません。

かかとをふんづけたまま、外へ出るのもおっくうで…


そりゃそうだわな。26センチの娘2号(14歳ヲトメ)の靴…デカすぎ!ちゅうの。
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-02 17:29

パオ・包。

寒い一日だった。
「三寒四温」とはよく言ったもので、寒さは行きつ戻りつを繰り返している。
なのに、母の体重ときたら、行きつ…行きつ…行きつ…行きっぱなし…
同じ 行く なら イクッ とか言ってみたい。チガウっ
そして、体脂肪も大変なことになっていた。

そりゃそうだよなー。食べるんだもん。飲むんだもん。
飯は美味いし。酒も美味い。
夕食は自分の食べたい物作るんだからしょうがないわな。


晩酌をする母、ビールが欠かせないので、夜はなるべくご飯(米)は食べないようにしているのだけど
今夜は、酒の肴にもなる”ごはん”で…やっちゃいました。食いすぎ。

てなわけで、、今夜は『韓流』?
a0046658_0491142.jpg
レシピはこちら
さっとゆがいたキャベツで、ごはんと焼肉、キムチを包んで!

春キャベツはまだ出てなかったけど
一玉99円のキャベツで。(中国産じゃなかった)
牛肉は、アメリカ産じゃない輸入物。
切り落としより安く出てた、もも薄切りで。
                   レシピにはない、白髪ネギをあしらってみました。

ちょっとごはん多過ぎ…
あ、ほんとはキムチも包むんじゃないみたいだけど
一緒に包んだらうまかったので。    
[PR]
# by mekemeke_n | 2006-03-01 01:16



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31