女子のいる風景

<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

美しいニホンゴ

母と娘のおバカな日常を綴っていこうと始めた、このブログだったのに
昨日はついつい愚痴ってしまった。

おもしろおかしく毎日を振り返ることで
いやなことは忘れて、気持ちも前向きにできるのだが
やはり、たまには 泣きたい夜 だってあるのさ。(つう事にしとこう)



とっておきの”癒しの本”を見つけた。
雑貨屋(最近ではセレクトショップというのかも)で。
今年最初の「衝動買い」 そして、小さな「贅沢」いやかなりの贅沢かもしれない。
なにせ、税込み¥2,940もした。
ハードカバーとはいえ、こんなにするものか…と一瞬悩んだが
やはり買った。
だって、古今東西のイケメンを集めた写真集なんですもの♪
キムタクが微笑んでるんですもの♪福山雅治がモッコリなんですもの♪


うそです。ゴメンナサイ

ライフログでも紹介させて頂いた 言葉の風景 という本

日本の四季折々の美しい風景の写真と
古くから使われてきた、美しい”季節の言葉”で綴られている。

例えば「冬の章」では
『樹氷』や『流氷』、『真っ白に降り積もった雪原』の写真に
それらの風景から感じる雰囲気や、印象を伝える”言葉”として
『凛凛』、『冬籠り』などが添えられている。
また、立春を過ぎてから降る雪、『忘れ雪』についても触れており
それらの言葉の語源について解説してあったりもする。

写真集として、写真をうっとり眺めると
そこに綴られた言葉は、まるでBGMのように
心にすぅ~っと入ってくるような気がする。
また、
言葉を読む、読み物として見ると
目を閉じても、その写真の風景が目の前に広がるような気がする。

まるで一粒で二度おいしいグリコのようではないか!


私は日本語が好きだ。日本語しか知らんからあたりまえといえばあたりまえなんだけどね。
美しい日本語に触れると、穏やかな気持ちになる。

掃除の途中で、中途半端に散らかった部屋の中で
よれたジャージで、ケツ、ボリボリ掻きながら読んでるくせに
なんだかもう、気持ちだけは清々しく、楚々とした伯爵夫人にでもなった気分だ。
(伯爵夫人がどんな気分で過ごすのかは知らん)

今、外へ出たならきっと
道行く人に 「ごきげんよう」 と微笑むだろう。
スーパーで会う人に「夕げのお仕度かしら?」と寄って行くだろう。
デパートでトイレを探す時は 「はばかりはどちらでせう」と尋ねることにしよう。


おっとっと、、行き着くとこは…
今日も妄想の世界かいっ!


”貞操”とか”淫靡”とか”堕ちる”とか”妖艶”とか
そのへんの言葉もいいねぇ。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-11 15:30 | 女のためいき

涙で枕を濡らす夜

はっ!?
こんな時間に何をやってるんだね!アタシ。

家計のやりくりも苦手ですが、時間のやりくりもやはり苦手です。


お子様が冬休みゆえ、仕事に没頭できるのはこんな時間に…
って、たいした仕事してないんだけどさ。


いくつかのブログを徘徊したところ(注:痴呆による徘徊ではない)
『初夢』の話題が出ておったので
自分の初夢を思い出してみた。今さらですが…

1月1日の夢は記憶にないので
3日の朝見た夢を初夢としよう。



「あなたには才能もないし、期待もしてないのよ!」

そう、コーチに言われて
泣いている私は、何故か、レオタード姿の中学生だった。
しかし、レオタードの腰にリボンをなびかせたキャッツアイスタイル
今考えると、
中学生でも、40歳の中学生だったのかもしれない。。


そして…
目覚めた私の頬は…

涙で濡れていた。


今年も ”イタイ女 大賞” にノミネートしておこう。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-07 03:32 | 女のためいき

負けず嫌いもほどほどに…

「なんか甘いもんが食いたくなった」

コンビニに出掛けた夫が買って来た
菓子パン 『フレンチトースト』 を見て
3人姉妹は

「欧米かっ!」

と、つっこんでいた。

最近、我が家で密かにブームらしい。このつっこみ。

が、どうリアクションしてよいのかわからず
キョトン顔の夫…
(というより、まだ相手してもらえた事に感激してるのか?)

いやいや、母でも困ってしまう…

「そうよ!だって私、オンディーヌ家の一族ですもの…」

更にボケるべきか…


おっと、、子ども相手に負けず嫌いの母…

ここは、「参りました」と、娘に華を持たせるのが
正しい母親かと…
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-05 19:25

期待をうらぎらない人々

元旦の朝
娘3号がスポーツ用品の初売りのチラシを見ながら、尋ねる

3号 「ナイキってさぁ、何のメーカー?」
母   「スポーツ用品でしょ」
3号  「それはわかってるよ!だから、どのスポーツが有名?」
2号  「サッカーじゃない?」
3号  「じゃあ、アディダスは?」
2号  「バスケとか?」
3号  「ヨネックスって?」
母   「バドミントンだけど… じゃあ ヨネスケは?」


家族一同 「隣りの晩御飯」

やっぱり娘らは
今年も期待を裏切らない。
しかも
それぞれ、別の事をやりながら
3号、チラシを見つめたまま
2号、パソコンに向ったまま
1号、鏡に向かい身支度をしながら
ごくあたりまえに、一連の流れとして
さらっと言ってくれるのが 私好み!

しかし、そんな中で

してやったりと言わんばかりに
嬉しそうに目を輝かせ
はりきって答えたのは…夫…

コイツばかりは…
我が家の笑いのスタイルが、まだわかっていないようだ。。

さて、教育すべきか…。



/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /


そんなやり取りの後
娘3号と夫の2人で、夫の里である福岡へ出掛けて行った。




ぃやっほーぃ!
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-03 02:32 | 子ども部屋

今年もよろしく

明けましておめれとうごらいまふ。

普段の発泡酒を、ちょいと奮発して
エビスビール500ml(夫が買って来た)にしたら、一気に4本もいってしまい
へろへろ~の母でございまふ。
年越しの肴は馬刺しれす。
お子達は、これをおかずに飯を食いまひた。

んまー!我が家って、なんて お金持ち!
a0046658_0423667.jpg


奥に見えるのは、馬の生レバー。
ひぃーっ、mekemekeさん、野蛮人!ムゴイ!エグイ!
なんて言わないで下さいね~。
旨いんだ、コレが。ヘヘ

赤みの刺身は、生姜醤油orにんにく醤油で
レバ刺しは「ごま油+塩」でいただきます。
見た目、もっちりのレバーですが、新鮮なものは
サクサクとした歯ざわりで、臭みもなくサイコーです。


お子ちゃまは、それぞれ初詣に出かけて
母は1人で、へろへろしながらパソコンに向っております。
(夫はそのへんに転がっております)
(一生起きなきゃいいのに…笑…半分本気)


昨年は、ここで皆様と出会えたこと、とても幸せに感じております。

このご縁を大切に…育んでいけたらと思っております。

また、コメントいただけるとうれしいです。

今年もどんぞよろしくお願いいたしますね。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-01 00:59



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31