女子のいる風景

<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

エストロゲン分泌異常につき

あー言えばこう言う。
とにかくナマイキに口答えばかりする娘3号に
「あんた誰ですか?何様ですか?」と言ってみた。

「お子様です」
なんて言った日にゃ、
下駄履いて30メートルばかし先の坂の上から助走つけて
加速度のついたとこで後頭部に跳び蹴りでもクラワセてやろうと構えていたら

「ん?変なおじさんです」a0046658_23465786.jpg









と きやがった。

思わず一緒に踊ってしまうとこだった…
まったく…


そんな3号が昨年末から練習していたのが

ムーンウォーク

何故、今、ムーンウォークなのか?よくわからんが、ムーンウォーク
訓練に訓練を重ね、なかなか上手くなった。
あんまり上手に気持ちよさそうにやってるので
母にもできそうな気がして
家族が寝静まるのを待って(待つのかい!)



こっそりやってみた。(やるのかい!)

。。

。。。。。




できやしません。

どうみても…






盗っ人……


a0046658_23553212.jpg











せっかくなので


欽ちゃん走りもやってみた。

微妙なリズム感のなさが、いい味出してます。
でも、何故でしょうか?
顔が…顔が…
”北の国からの田中邦衛の物真似をする人”になるのは…


何をやってるんですか…ジブン
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-31 00:28

女子高生のバイト事情

「おたくはいいよね~。子どもの心配なんかなーんにもしてないでしょ」

と、ため息をつくご近所の○村さん。
部活やるわけでもナシ、かと言ってもちろん勉強するわけもナイ。
そのうえバイトする気もナシ。
そのくせ、学校辞めたいとほざく長女さんのことを嘆いておりました。

そんな○村さん宅の長女さんが、この度めでたくバイトを始めたとかで

「やるときゃやるよー!うちの娘も」

と、有頂天嬉しそうに話してくれました。


よかったですね。○村さん。
うん、よかったよかった。








ほんとによかったよ。



娘さんが
一晩に1万稼ぎ、
「え?コンパニオンなんて、脱いでナンボのもんでしょ?」
と、言ってる事を、あなたが知らなくて。




イヤ、おしえてあげるべきか…
イヤ、案外ご両親公認かもしんないし…
明日は我が身かもしんないし…
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-29 15:03 | ご近所あれこれ

変えてみました

変えてみました。ブログタイトル

最近親バカネタより我が事ネタも増えてまいりましたので。
え?でも…女子って…
はい、母も女子って事で。お願いします。

一緒に仕事してるおない歳のPCインストラクターが
70過ぎのじいさんに「おじょうちゃん」と呼ばれてました。
70過ぎから見たら、我々もまだまだ未完成の青い女子なんでしょう。か?
あ、でもアシスタントをやってる母は、まだおじょうちゃんと呼ばれたことはありません。
(月に数回だけお手伝いに行ってます。たいした”じじい転がし”だと重宝されてます)
やはり、妖艶さが邪魔するんでしょうか…(勝手に言ってます)

妖艶といえば、我が家で今キテルのが「艶女」です。
艶女」と書いて『アデージョ』です。(「欧米かっ!」ブームはとっとと終わりました)
ココリコミラクルタイプで、松下さんとココリコ田中がやってました。(先週)
雑誌「ニキータ」で提唱してるのは
35~39歳までの、”経済的に自立したエグゼクティブな大人のモテル女”らしいです。
とりあえず、我が家で一番近いのが母なので(年齢だけね。オーバーしてるけどさ)
母が艶女です。
ミラクルのコントでは、
ニキータかぶれの30女がお互いを誉めまくるような内容でした

例えば、紅い服なり唇なりを
「敢えての赤?」と聞く
「敢えての赤」と答える。同時に「ナイス アデージョ?」と問う。
「ナイス!アデージョ」と賞賛する。
そして、アデージョぶりのレベルを”ニキータ”で表す。
「8ニキータ?」「10ニキータ」てな具合に。

うろ覚えなんで、間違いがあったら失礼。

で、我が家の場合。
実は誉めあう気持ちがないので
母が母を自画自賛する。もちろん自虐込みで。コレ オヤクソク。
自虐すると 子もノッテくれます。

母のウエストあたりを見ながら
「敢えての脂肪?」とツッコム
「敢えての贅肉。ナイスアデージョ?」と誇らしげに言う。(ここでポージングをキメル)
「ナイス!アデージョ」 (賞賛してくれる)
「3ニキータ?」
「-100ニキータ」

バカです。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-27 12:06

下着に見る未成年の見解

アウターにひびかない!色も形も!

ちゅうわけで
ピッタリフィットのパンツスタイル用に
下着の線が出ない”おパンティー”(死語ですな)をはいたわけですよ。
薄手でよーく伸びて、色がベージュなんですよ。
そうしたらあなた、

それって、、

ドリフが風呂のコントの時にはいてるやつじゃ?

って、、娘3号ですよ。
「わーい!ドリフドリフ!」って…

ほっといてちょうだいっ!



暦の上じゃあ、もうじき春だって言うじゃないの。
いつまでも どんより…もしてらんないしさっ
萌黄色のお上品なおパンティー&ブラを見つけて
舐めまわすように穴があくほど見つめていたわけですよ。
これで、気分は春よ!春だわよ!ってね。
そうしたらあなた、

ちょっとちょっとみんなー

おかあ、こんなカワイイブラ、買うつもりだよ!

って、、娘2号ですよ。
「そりゃぁないでしょ…ケケケ…」って…

ほっといてちょうだいっ!



本日限りALL500円!

おパンティーの山を見つけたんですよ。
おフランス製レースもどき?黒もせくすぃー?いや~ん…
と、はやる気持ちを抑えつつ
「やっぱりさー、下着に気を使わなくなったら、女もおしまいよねー」
まだまだ”女”をアピールしてみたわけですよ。
そうしたらあなた、

そりゃあまあそうだけどさ…

だからってあんた…もういいんじゃない?

って、、娘1号ですよ。
「もういいんじゃ…」って…


そうね、おっしゃるとおりですわよ…はぁ…OTL

てゆうか、あんたらもいづれそんな歳になるんですよ。へっへっへ


花の命は短くて…

嗚呼、、あぁ…もう一花咲かせてやる!

オイオイ、それは『狂い咲き!』

って、ナニビトもつっこまないように。 

そっとしといてください。。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-25 12:01

憧れの傷心一人旅

『お一人様』。昨年流行った言葉の一つだが
その、お一人様の極みが『一人旅』だろうか。

母も一人旅にずっと憧れていた。

母の頭の中にできた一人旅の図式といえば
女の一人旅=傷心旅行。
そう…傷ついた心を癒すのよっ。



季節が秋ならば、誰もいない海にしよう。
車を1時間も走らせれば、天草まで行ける。
全室”離れ”の宿、『五足のくつ』でノスタルジックな時を過ごし
文学の小路で散歩を愉しむのもいい。

しかし、ここは2年先まで予約満杯。残念だ。
なんて…
ほんとは、一泊2万円以上…手が届くはずもない。チッ
そのうえ、おんぼろ軽自動車のみすぼらしい主婦なんぞ門前払いされるに違いない。
なんたってココは、自家用ヘリでお忍び旅行♪のメッカらしい。(あくまでも噂だが)



真冬の山陰あたりはどうだろう。
ひなびた温泉宿で、食事を部屋まで運んでもらう。
掘りごたつで暖をとり
しんしんと降る雪を、雪見障子から眺めながら熱燗で一杯やる。
または、温泉街の場末の居酒屋へふらりと立ち寄り
肴は「あぶったイカちょうだい」と
八代亜紀風にかすれた声でつぶやいてみる。
「オネエチャン一人かい?」
店のおやじさんに声を掛けられたら
「あらいやだ、オネエチャンだなんて…あたしゃもう40(しじゅう)だよ」
なんて、はにかんでみる。。

しかし、あたしゃ、とてつもない寒がりだった。
毎年、冬は冬眠したいと思っているのに
雪の山陰なんて、無理!キッパリ。

じゃあ、やっぱり夏の終わりの玄界灘あたりで
こんなかんじか…



おっと、前フリ長すぎるっちゅーの!

そんな 夢見る夢子さんの母に、一人旅のチャンスが来た!
コレだ。

これはもう行くっきゃないでしょ!


で、いざ!母の一人旅。。


特急「つばめ」で博多へ向い
博多から新幹線で北上したわけだが。。

いや、申し訳ない。
こんだけ引っ張っといて、なんてことはない…

新大阪で降り立った母。友人を呼び出し
なんばグランド花月へ直行。
はい。『吉本新喜劇』でございます。

もうテレビでは滅多にみられない、おぼんこぼんの漫才で腹から笑い。
生でみる桑原和夫の桑原和子ぶりに涙を流し…


気がつきゃあんた、

んもー!吉本サイコー!新喜劇バンザイ!

家族宛てにメール送ってんじゃないよ!


とほほ…
傷に傷を重ね…
この傷を癒すために、更なる一人旅を練るわけだがね。

てか、もう2年も前のお話でして…

へへ、ごめんなさい。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-23 13:41 | 女のためいき

もう若くはないよなー ~ビバ!もの忘れ~

「もーっ!おかあ、また忘れとるー」

娘2号の「忘れました」を許さなかった鬼母のくせに
最近、娘達からよく指摘される。

1号に『白のフェルトの布』を買っといて欲しいと頼まれたのに
買って来たのは『白い毛糸』。しかも3日後。

『まんじゅう(愛犬、仮名)にごはんやって』と言ってるつもりが
2号に向って『3号にエサをやって』と言ってしまってる。
(3号はえらくショックを受けた。そりゃアタリマエだわ)

携帯や家の鍵をしょっちゅう探している。
電子レンジで温めた物を翌朝発見する。
人の名前が出てこないし、娘3人の名前を間違える。
今日はなんだかいつもに増してスースーすっ(する)と思えばノーブラだった。
あぁそう言えば、顔洗ってねーや!と昼過ぎに気付く…
(コレは単にだらしないだけか?)

挙げればキリがない。。
そう、『もの忘れ』。

この『もの忘れ』がいつの日か『痴呆』『認知症』に繋がっていくのだろうか…
いや、もう始まっているのだろうか…ボ…ケ…


などと思ってる矢先に読んだ書物の中に


昨日食べた物を覚えてないのは単なる 『もの忘れ』 で

昨日食べたかどうかを覚えてないのが 『痴呆』 と記してあった。

まだなんとか大丈夫なようだ。ホッ
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-23 02:12 | 女のためいき

似顔絵公開

a0046658_9524432.jpg

娘3号が描いた2号。
メガネ×2は
めがねめがね…の横山やすし師匠の雰囲気を伝えたいらしい。

このギャグ?を知っている小学5年生って…

[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-19 09:52

的確な表現 ~おねえちゃんはどんな人?~

中2にして「おいとまします」なんて美しいニホンゴを操る娘2号は
「手玉にとる」を「手塩にかける」とも言っちゃう、すっとこどっこいでもある。
そんな2号がまだ8才だか9才だかの頃のお話。

達者なのは口ばっかりで、その生活態度たるや
脱いだら脱ぎっぱなし。出したら出しっぱなし。
給食費の袋はランドセルに入れっぱなしと
そりゃあまあだらしないつうかなんつうか。

で、注意する度にとりあえず反省したふりで
しゅんとして言う言葉が

「忘れてました」


「ちょっとー、この服、どうしたいわけ?洗濯すると?」
「忘れてました」

「給食費、いらんと?払わんでいいと?」
「忘れてました」

「上履き、持って帰ってたけど、洗ったと?」(我が家では自分の靴は自分で洗うのがルール)
「忘れてました」

こんな調子。

毎朝毎朝こんな調子で、母、キレた。

「あんたねー、毎日毎日”忘れてました忘れてました”って
 いい加減にしとけよ!そんなに忘れるんなら
 たまにゃあ、飯も忘れてみるか!あぁっ?飯は忘れんだろが!
 テレビも忘れんだろが!あぁっ?
 ”忘れてました”で済むと思っとんか!あぁっ?
 他に言う事ないとか!あぁっ?
 オラオラ、なんか言うてみぃ、オラオラ…」

すると2号、唇噛み締め、キッと母をにらんだ。
「逆切れか?おうおう!」
ジリジリせまる母…

必死に言葉を探す2号…
そして、口にした言葉は…







「うっかりしてました」



ふぁんふぁんふぁんふぁんふぁ~ん


力抜けますた。はぁ~~


後日
「おねえちゃんって、どんな人?」
保育園の先生に聞かれた、妹の娘3号

「うっかりした人です!」


たいへんよくできました◎
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-18 01:14 | 子ども部屋

家庭に持ち込んではいけません

週末に悲しい出来事があった。
悲しくて、哀しい出来事。
命は自分だけのものではない…改めて思った。
そしてやはり、母は家庭の中では”太陽”でなければいけない…と思った。

だから、楽しい出来事を思い出して書きます。
さ、行ってみよー!




それは真夜中午前2時の出来事。

ワタシ、出ちゃったんです。
鳴っては切れて、鳴っては切れて…を繰り返す”夫の携帯電話”に!
いくら夫婦とはいえ、プライバシーってもんがありますからね
普段はしないんですよ。そんなこと。
でもね、この日ばかりはね…予感がしたんですの。楽しい事が起こりそうな。

私  「もしもし」

相手 「ちょっとー!デブ君(夫、仮名)出しなさいよ!デブ君!」

ほ~らね、楽しいじゃないの?
歳の頃は20代後半から30前半ってかんじでしょうか
いかにも、酒とタバコとカラオケでつぶれちゃった喉…てなハスキーボイス
(あら、ワタシの声と似てるじゃない)

私  「主人は爆睡してますのよ」←お上品に。だって伯爵夫人だから。

相手 「ハァ? 出しなさいよー」

私  「あんだコラ!(なんだコラ) なんだその口のききかたは!」
   
えっと、怒るのはそこですか?ジブン

私  「何時と思っとっとや!(何時と思ってんだ) このバカ女!」

あら、いけない。ワタクシとしたことが、お下品だわ。

相手 「出してくださ~い。だ・し・て!お願い!」

ほんとにバカ女だよ…
キレルのもあほらしい。

私  「宅の主人は、一度寝たらなかなか起きませんのよ。
    どーぞご自分で起こしてあげて下さいな」


そう言って、携帯を夫の耳に押し当て
「なんか、大事な電話みたいよ。緊急連絡みたい」
と、夫を揺すり起こした。

夫は、ハッと起きたが、慌てて電源OFFにして
またガーガーといびきをたてた。
ブタの狸寝入りですかい!





この出来事を
ワタシはまたまた、某番組に投稿した。
夕方の爽やか系情報番組なんで、採用されるわけもないと思ったのに…

キャスターが苦笑いしながら読み上げていた。
しかし、当たったのはコンビニのクオカード1000円分。

以前、「SEXYランジェリー」への想いを綴った投稿では
寿司券1万円分GET!だったのに♪

て事は、あんた、、いや、前略夫殿


おみゃぁさんの浮気なんか…

1000円分の価値しかないってことだがね。。


いやいや、ホントは1000円だってもったいないわ。価値なんかあるもんかい。
ワタシがこうやって自虐ネタにしてこその1000円なんだからさっ。
ワタシは夫の浮気を黙認している。
家で暴れるより、外で楽しんでくれる方がよっぽどいいから。
しかし、それも「家庭に持ち込まない」のが最低限のマナーだ。
それに、腹がたってどうしようもなかった。
そのうえ、いくら遊びとはいえ、こんな頭の悪いバカが相手というのも情けなかった。
なので、とりあえず傷ついたふりをした。
そして、

      『旅に出ます』


と切り出した。
さすがに夫も何も言わずに送り出した。


母の一人旅のお話はまた近いうちに。。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-16 11:05 | R30

愛の劇場

おかえりなさいませ。旦那さまぁ♪

萌ぇ~なメイドさんが出迎えてくれるメイドカフェでは
女性客が来ると「お嬢さまぁ♪」と言ってくれるらしい。

その話を聞いて、娘1号(17歳、お嬢様盛り)が
「いいなー!言われてみたいよな~。行ってみたいなー」
と言うので


「でもあんた、そこで 
    何よ!あんたなんかブタよっ!
                   とか言うんでないの?」

と言ってみたら
「うんうん、言いたい言いたい」と小躍りしながら
母に向って「あんたなんかブタよっ!メスブタよっ!」と始めるので

「ひどいわ…お姉さま…」と、よよと泣き崩れてみたりして
ひとしきり、”言葉攻め”に溺れておったら

すかさず娘3号が

昼ドラかっ!

と、つっこんでくれた。


母と1号の小芝居はようやく終わった。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-01-13 01:35 | 子ども部屋



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…