女子のいる風景

カテゴリ:未分類( 32 )

母の気分転換、娘の弾き語り。

3年ぶりの実家。父の墓参り。
急に思い立って帰って来た。



婆ちゃんの三味線が気に入り、ベベンベンとやる娘3号。
悦に入り弾き語り。

♪So darin darin stand by me~
oh~

なかなかハイカラです。て、、よりによってそれですか…




ご心配おかけして、また、コメントへのお返事も滞り申し訳ありません。
近いうちにきっと、お返事いたします。
うまく気持ちの切り替え…してきますね。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-04-03 00:06

サブちゃん風

↓の記事の中に出てきた 『北島サブちゃん似』の先生は
子供好きで、ほんとにいい先生だったけど
マジでガラ悪くて、夏場の暑い時期は、頭にタオル巻いてたりするので
北島サブちゃんが、鳥羽一郎になったりして
「漁師かよ!」と三村風につっこみたい衝動にかられたもんだ。
そして会う度に、

「いやー、今日も一段とガラ悪いですねー」と言うのが挨拶代わりになっている。

こんな保護者もたまにはよかろう。
てか、そんなオバカが通じる相手がなかなかいなくてつまらんのじゃ!



そういう私は
娘3号から 『積極性に欠ける』 と言われている。

参観日で学校に来ても誰とも話してないから…と。


いや、他のクラスにいるんだってば…酒飲み仲間が。。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-03-26 02:51

100均で ANNA SUI

ドラッグストアー内の『100均コーナー』で お香を見つけた。

気分転換にいいかも… アタイを癒してくれるかも…どれにしよう?
と、見て驚いた。

『ANNA SUI』タイプの香り に 『BAD GIRL』タイプの香り。。
ひょ~、105円で ANNA SUI とか楽しめるわけ?
娘1号と2人で
箱に鼻を密着させて、クンクンクンクン嗅ぎまくり、嗅ぎ漁り。
(箱にはアタイの鼻の脂が…)
そうしたら、『SAMURAI』なんてのもあって、男子高校生に結構人気あるとかで
(お香でなくサムライのコロンが…)
「うん、なんか、イケテル男の子ってカンジ♪」などと、1号が言うものだから

うへぇー、これが男子高校生の・に・ほ・いなのかーそうかー

 たまらん~ くらくらする~

と、いささかはしゃぎ過ぎの母であった。


はいはい、わかったわかった。と、1号に引きづられて店を後にした。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-03-18 11:46

お詫び

先日の「更年期障害」についての記述の中に誤りがありました。

とりあえず、疑わしい部分を削除いたしました。
訂正したうえでお詫びしなければならないところですが…
まあ、個人のブログって事で、、お許し下さい。m(__)m
[PR]
by mekemeke_n | 2006-03-17 09:51

最終手段を考えてみた

久しぶりの更新にもかかわらず
暖かいコメントをいただき、初めましてのコメントもあったりして
またうるうるしたり…
嬉しいっすよ。ほんと。
やはり、ワタクシ、笑っていただいてナンボの女!
元気出さなきゃー!と思いつつ…


気分が滅入ると楽しい話題もなくて、過去のおもしろ話を思い出そうとしても、
腹の中に沸々と溜まった愚痴とか、反対にじんとくるような感動物語…しか出てこなくて
また、子の自慢話かよー!なんて具合になっちゃいそうだったので

こりゃーもう脱ぐしかないのかー?と考えていたら、、
って、、あたしゃ落ち目の芸能人かい!



娘1号が風呂に入るのに、母の目の前で脱ぎ出した。(我が家はダイニングの奥に風呂がある)
相変わらずイイカラダだったので(エエ、腹筋割れてます)
写メらせろと頼んでみたが、あっさり断られた。(当然だろ!)

ムスメの体に母の顔を合成してみたかっただけなんですが…
(よくある、アイドルの合成写真みたく)
ダメですか?そうですか。


2号の学校まで3号を送って行ったら、
武道場の前に、先週卒業した剣道部の男の子達が数人立っていた。
ひょっとして、高校合格の報告?と思い、声をかけたら
ニコニコして「はいー!」と返事をしてくれた。
普段は、照れくさそうにぶっきらぼうにペコリと頭を下げるだけの男子なのに…
満面の笑みで。
こっちまで幸せな気分になれた。
たまには外へ出てみるのもいいね。小さな幸せが転がってたりする。


ところで、娘2号は剣道部で唯一の『女子』部員。
一人、男子に混ざって厳しい練習を頑張っている。
ひとり、たった一人! まるでオオカミの群れに放たれた子羊のように…
と、言いたいところだが、
何故だ?2号は、部員のアイドルでもなければマドンナでもない。
「俺たち仲間だぜー」でしかない。
もっと、丁重に扱って欲しいもんだ。無理か?26cmの足の女じゃ…
[PR]
by mekemeke_n | 2006-03-16 18:28

春萌(きざ)す…のに

a0046658_17161715.jpg


柔らかな春の陽射しを浴びて、春色のスニーカーが出番を待っているのに…


ちょいとばかし、調子が出ません。

かかとをふんづけたまま、外へ出るのもおっくうで…


そりゃそうだわな。26センチの娘2号(14歳ヲトメ)の靴…デカすぎ!ちゅうの。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-03-02 17:29

パオ・包。

寒い一日だった。
「三寒四温」とはよく言ったもので、寒さは行きつ戻りつを繰り返している。
なのに、母の体重ときたら、行きつ…行きつ…行きつ…行きっぱなし…
同じ 行く なら イクッ とか言ってみたい。チガウっ
そして、体脂肪も大変なことになっていた。

そりゃそうだよなー。食べるんだもん。飲むんだもん。
飯は美味いし。酒も美味い。
夕食は自分の食べたい物作るんだからしょうがないわな。


晩酌をする母、ビールが欠かせないので、夜はなるべくご飯(米)は食べないようにしているのだけど
今夜は、酒の肴にもなる”ごはん”で…やっちゃいました。食いすぎ。

てなわけで、、今夜は『韓流』?
a0046658_0491142.jpg
レシピはこちら
さっとゆがいたキャベツで、ごはんと焼肉、キムチを包んで!

春キャベツはまだ出てなかったけど
一玉99円のキャベツで。(中国産じゃなかった)
牛肉は、アメリカ産じゃない輸入物。
切り落としより安く出てた、もも薄切りで。
                   レシピにはない、白髪ネギをあしらってみました。

ちょっとごはん多過ぎ…
あ、ほんとはキムチも包むんじゃないみたいだけど
一緒に包んだらうまかったので。    
[PR]
by mekemeke_n | 2006-03-01 01:16

発熱

微熱です。

ん~、なんだか素敵な言葉。
でもこれは、知恵熱に違いない。
この数日、わずかしかない脳ミソをわずかばかし使ってみたので。

普段どれだけ脳ミソを使ってないかっちゅう話。だわな。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-02-24 04:05

魔王をいただく幸せ

飲み会があった。
飲み放題のメニューの中に、なんと!『魔王』があるではないか。
幻の芋焼酎、魔王だ。
a0046658_1255078.jpg
昨今の芋焼酎ブームで、なかなか手に入らぬ逸品。定価もあってないような物。
普通の焼酎が一杯400円なら、魔王は800円。(それでも安いほうだ 普通1000円は下らない)
てゆうか
普通の酒屋の飲み放題で魔王なんて、まずナイ!
人知れず、一人でそいつをいただいておったら
ずるいぞ!mekemekeと、一部から非難轟々。知るかっ!

つっても、子連れのお母様方のお食事会。
ノンアルコールの方も多い。
飲み放題、飲んだもん勝ちだわな。へっへっへ。


いい気になっておったら
次回の幹事に指名されておった。
知らんぞ!ヲイ。

a0046658_1383168.jpg

         これはたぶんカンパチの焼き物。んまかった。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-02-19 01:29

小心者なわたし

また悲しい事件が。
滋賀県の園児殺害事件。
胸が痛いです。

しかし、何故園側は グループで当番制の送迎 なんて事を…
あちこち転勤して、いろんな幼稚園や保育園を見てきたけど
そんなの初めて聞いたよ。

仲良しグループのお母さん方が 合意の下 にやってらっしゃる事であれば
それはそれでよいのだろうが
半ば強制的に?
個人での送迎がいかんのなら、何故送迎バスを出さないのか?
なんか腑に堕ちないのだけど…

我が家にはもう園児はいないが、それぞれ部活なんぞをやっているので
試合だのなんだので、送迎当番がまわって来る。
実は、母、車の運転に自信がないので、この当番が非常に苦痛なのだ。
普段運転し慣れた場所ならともかく
片道50分だの、街中通って電車通り右折して…なんてルートだと
あわわわ…どうしましょうと、前の晩からシュミレーション・イメージトレーニングが欠かせない。
(案外カワイイ←自画自賛)
そして、結局俺様(夫)にお願いするのだが…

運転もやっとこさ…なのに
そのうえ、他人の子の命を預かるという大変な任務を与えられる

大袈裟かもしれんが
それくらい、ストレスなことでもある…
(しかし、人に託すのは平気なんだな。コレが)

だから、母は
送迎以外の部分で、お手伝いさせてただきますから~
と、声を大にして懇願したいとこなのだが
「平等」という言葉を口にされると、何も言えない小心者でもあるわけだ。

運転免許返上したいくらいだよ…。この時ばかりは…


幼い命を奪ってしまったお母さんと、その周囲に何があったのか
まだまだ真相は解明していないのだけれども

私は運転が苦手なの。小心者なの。
よそ様の子の命を預かるのはたいへんなことなの。

と言いたかっただけでした。


それにしても
昔は、幼稚園も自分で歩いて行ったもんだがなー。
部活の試合なんかも、路線バス使って自分らで行ってたよなー。
たくましかったよなー。
なんて言って 時代は変ったの!自分の子は自分で守る時代なの!
と非難される母でありました。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-02-18 12:27



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31