女子のいる風景

2006年 04月 28日 ( 2 )

ありがとうございます。

たくさんの励ましのコメントをいただきました。

皆さんの暖かい気持ちがありがたくて、声をあげて泣いてしまいました。
本来なら、ひとつひとつにお返事をしなければならないところですが…
申し訳ないと思いつつ…こんなかたちですが…

ほんとにありがとうございます。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-04-28 13:56

近況 ③  吐き出す

近況 ①  より続きます。


教授の女性は、静かに話せるようにと会議室をひとつ借りてくれた。

これまでの経緯を話す。
酒に飲まれてしまうようになってから8年程過ぎた。
ここ数年は、大きな騒動を起こすといってもその間隔は長くなって、3ヶ月~半年くらいは暴れないこともある。
でも、その間隔を延ばすために(興奮させないように)いつも顔色を伺いながら生活している。
それは私に限らず、娘達もたぶん同じだと思う。
暴力も、直接私に向けるというより、一人で暴れる(物を投げる・壊す)ことも多くなった。
それでも暴言は向けられる。
暴れた後しばらくはとても静かで、進んで家事に参加する。よい人をアピールする。
私とは会話もないが、娘達にはとても優しい。
そんなことを何度も繰り返しているので、もう騙されない…と思うが、その夫のアピールに対して敬意を表さないと、またキレル。
「俺はこんなに努力をしている。変ろうとしている。なのにオマエはなんだ!」と、おやくそくの文句を言い、また暴れる。

思いやりの心を持って、穏やかに生活する― 私にとって、いや、それは普通の人間にとっては、”アタリマエ”の事だ。
なのに、夫にとってはそれが、『努力』であり、誉められるべき行為らしい。


何事もない日が続くと、やはり私がバカのふりして、うまく立ち回っていれば済むのかとも思う。だから、何年もそうして過ごしてきた。

しかし、それがとても苦痛になってきた。
自分の心が壊れてしまいそう…
普通に帰宅する日はいいけど、連絡もなしに遅い夜や、「飯はいらない」と連絡があった日でも
飲んで帰る…と思っただけで、恐怖心が抑えられない。
怖くて怖くて、平常心でいられない。
それが、週の半分くらい…


仕事は真面目にするし、ギャンブルもやらない。お金もちゃんと入れる。
それだけで十分じゃないか…
それでなんとか今までもってきたのだが…
それも崩れてしまうのではないか…そう感じさせるようなことが最近あった。
だから、、もう限界かと。。

でも、だからといって、自分が今どうしたいのか…答えが出せないでいる。どうしたらよいのかわからないでいる…
そんな事を淡々と話した。


「辛かったね…」
女性は私を非難するでもなく、かといって過度に同情するでもなく、そう言ってくれた。
そして、 あなたは悪くないんだよ…と。

シェルターにはいつでも駆け込めばいいと言ってもらった。
何事もなくても、一人になりたい時、一人でゆっくり考えたい時、現実逃避したい時
いつでも使いなさいと…

少しだけ気持ちが軽くなった。
でも、なぜ、少しだけなのか…

正直なところ、生活改善のための何の努力もしないで、愚痴と夫の悪口をいいふらしているだけではないのか…
そんな罪悪感も持っていて、少しへこんだりもしているからだ。

やはり、DVは、被害者本人がそれを認めないことには何も解決しないものだ。
改めてそう感じている。


「娘さんにはきちんと話をした方がよいですよ」 そう言ってもらったが
それもまだできないでいる。
こんな生活の中で、無意識に”よくない”学習をしている…それは否めないのだけれど。

何が最善の方法なのか
答えを出せない…

私は、愚かで弱い人間だ。



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

新学期になって、家庭訪問・授業参観・PTAの役員改選など
それなりに慌しくしています。
娘の部活の会計係や、広報委員などをやっていたので
お母様方と連絡を取り合ったり、学校へ出向いたりしながら
相変わらず、毒吐いたり、ふざけたり、時には熱くなったりもしています。
そんなメンドクサイことが、今は 救い にもなったりしています。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-04-28 13:37 | R30



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30