女子のいる風景

狂っている…

あの電話があってから一ヶ月が過ぎようとしている。

俺様は相変わらず黙秘…ながらも娘達のご機嫌をとり、積極的に家事に参加している。
それだけでもう充分後ろめたさの表れかとも思うのだが…

こんな愚痴ばかりを連ねて見苦しいとも思うが
記録として残しておこうと思う。


電話のあとで話した時
「知らない知らない」を繰り返す俺様に
「じゃあなんだ、妄想癖のストーカーとでも言うのか」と言うと
やったー!いい事言ってくれる!てなかんじで「そうそう!」…
しつこいストーカーに困ってるんだと言った。
イラストにするなら、嬉しそうな俺様の顔の上に電球が光り輝いている…そんなイメージ。
それなら警察に行こう。もう何年も迷惑している事になると言ってやったが
だんまり…だった。

それから一ヶ月

何故何も言わないのかと問うと
「何言っても信じないじゃないか」と…
何を信じろというのだろう。
離婚について切り出すと
「そんな事考えてもないけど、オマエがしたいのなら仕方ない」と…
そうやって全て私のせいにするつもりか。
ボクチンなーんにも悪くないのに捨てられちゃった♪てなかんじで。

携帯は一切家の中に持ち込まなくなった。
車の中に隠している。
それだって充分、ヤマシイです!と言ってるようなものだ。

物証をおさえて、慰謝料を請求したいと思っている。まずは相手の女から。


情けないが、俺様が寝てから車の中の携帯をチェックする。

どこまでバカにすれば気が済むのだろうか
女の番号の登録名は 「ストーカー」と変更してあった。
女の挑戦だろうか…それに関して何も気づかない俺様の頭の悪さにも呆れる。
そして2人の番号の下4ケタは同じ。おそろ!ってやつ。偶然でもあるまい。
連絡は毎日とっている。

どうせ離婚なんてする気もないし
家を出ることもできやしない
俺様はそうタカを括っているのだろう。

その通りだ。
今はまだ、行動には移せない。
悔しいけれど…


いったいどうしたいのだろう。
女は、末娘が高校を卒業する6年後には
俺様と一緒になれると思っているらしい。
私は、捨てられるのだと言った。
だからそれまでにせいぜい、自立できるようにしときなさいとのたまった。

狂っている…
私よりも年の行ったおばさん
すぐ近くにいる。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-10-22 11:59 | R30
<< 秋晴れの下 娘2号の目指す道 >>



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31