女子のいる風景

真夜中の電話

いい?私がちゃーんと教えてあげるから。
子供はねえ、もっとしっかりぎゅーっと抱きしめて育てなきゃいかんよ。


私の子育てを批判し、偉そうに語ったのは俺様の不倫相手、つまりは愛人だった。
9月22日、正確には23日午前2時30分。しつこく鳴り続ける(しかも大音量)俺様の携帯電話に私が出たのが始まりだった。
数年前に携帯電話で浮気がバレて以来、俺様は用心して家庭の中では決して電源を入れなかったのに
その日は泥酔して帰り、うっかり電源を切り忘れて爆睡していたようだ。

夫婦とはいえ、夫の電話をとる私も私だが
いかにも取引先のお偉いさんのように、○○専務などと登録しておくのもいかがなもんか…
急用かもしれないと思うでしょ?(言い訳)


女は、私が電話に出たことよりも
こんな時間に同じ部屋にいることに腹を立て、きーきーわめき出した。
「一緒の部屋には寝てないって言ったくせに!」と…
「ご安心下さい。寝てるわけじゃありませんから。ここはリビングなんですよ」
冷静に返す私に、よけいに腹をたてて、女はかみついてきた。

もう6年もつき合っていると得意げに言った。



また、ネタでしょう?とか思われるかもしれないけど、実話なんだなコレが。


私が新しい職場へ行く2日前の出来事だった。
そしてその日、末娘の3号は12歳の誕生日を迎えた。
私は重い気持ちを引きずったまま、毎日パートへ行き、夜はこれまでやっていた仕事も引き続き続けている。

仕事もしないで昼間からボーッとしている
と、愛人は俺様から聞かされているらしい。
おかしくて笑った。

俺様は相変わらず
キツネにでも抓まれたような話しだと言わんばかりに 知らんぷりを続けている。




許せない…とか
我慢できない…とか
今までに何度も呟きながら結局は許してきている自分が悪いのだろうか…
こうやって私は、自分を責める悪い癖がついてしまった。

あなたが大人になって目をつぶればすむこと
かわいいもんじゃない

そんな言葉にさえ
ああ、私が悪いのか…と思ってしまいそうになる。


1号の大学進学が決まり、次は2号の高校受験。
そして自分自身もまだ仕事を始めたばかり。
まだ逃げ出すわけにはいかない。
「金のためだけにしがみつく汚い女」と何度も言われたが金のためで何が悪い!
こんなバカな女にならないためにも
娘達にはしっかりと教育を受けさせてやりたいと思う。

とりあえず今日もお仕事行ってきます。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-10-10 09:08 | R30
<< 娘2号の目指す道 祝!合格 >>



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31