女子のいる風景

14歳 イロコイザタにウツツをぬかす

「今は 色恋沙汰 に現(うつつ)を抜かしてる場合じゃないっての!」


母の背後でつぶやく娘2号(中三女子)。

んま!んま!んまー素晴らしい!なんて素敵な受験生。
これこそ 正しい受験生!

「勉強しなさい」なんて 正しいお母様風な事を言わない、この家庭にあるまじき言葉に
我を失い、すっとんきょうな返答をする。

私はもっと勉強するの!受験生なの!志望校をランクアップさせるの!
そんな思いがあるのかどうか…
と、そんなことより

イ ロ コ イ ザ タ ・ ウ ツ ツ

なんて、声に出して読みたいウツクシイ ニホンゴ を操る 中三女子に
母はくらくらするわけだ。

蜷川乙女 とでも命名しよう。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


ご心配おかけしました。

励ましの言葉をくださった方、ご自身のツライ経験をお話ししてくださった方、そしていつも読んでいてくださる方々
ありがとうございます。


元気です。

ボチボチ更新できそうです。

原点に戻って 笑っていただけるようなブログにしたいと思っています。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-05-25 12:07 | 子ども部屋
<< 14歳 やはりイロコイザタに... 娘2号のおいしいボケ >>



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31