女子のいる風景

母、墓穴を掘る

私立高校の入試 ちゅうことで
娘1号の通う学校もお休みなわけだが
筋肉少女は今日も部活へレッツラ ゴー!

2年前の今頃はうちも受験生を抱えた家庭だったのねーと、
思い出した、ある日の会話。

私立なんて、勘弁してよ。ビンボなのに…と、嘆く親にはお構いなしに
1号は、とっとと志望校を決めて学校のパンフレットなんぞ眺めていた夜更け。

 へー、私立って高いのは授業料と入学金だけじゃないんだー。受験料も高いー。

などとのんきに言うムスメに
おもわず

あたりまえたい!!あんたにどんだけ金がかかるか…ブツブツ

ここでやめときゃいいのに、ブレーキのかからない母。


あんたさー、パンツでも売ってみる?


あ…またやっちまった。。反省…

まあねー。あたしのパンツなら売れるよねー♪
おかあのは無理だろうけどー♪

墓穴掘っただけ。。

って、そういう意味での反省かよっ。



    
[PR]
by mekemeke_n | 2006-02-17 15:24 | 女のためいき
<< 小心者なわたし 前略、夫殿 >>



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31