女子のいる風景

娘に春は来るのか?

公には(ナンダソリャ)彼氏も片想いの彼もいないはずの娘1号が
バレンタインDAYを前に、チョコ作りに勤しんでいた。
ちょこちょこと(オヤジギャグデハナイ)大量に。

それは「数打ちゃ当たる」なのか「エビで鯛を釣る」なのかと問うと
後者だとの事。
ふぅーん、今日の日本の景気回復に貢献してるわけだ。若者達よ。


日曜の夕方、スーパーでは生クリームが売り切れだったと焦る1号に
母のコーヒー用の スジャータ白い恋人 で代用できるんじゃ?と
差し出すとたいへん喜んでいたので
マカダミアンナッツもありましてよ!ムスメサン。と
ニンニクを剥いてやったが、さすがにそれは却下された。

ちっ、シャレのわからんやつだとぼやきながら
母は隣りでニンニクたっぷりの手作りギョーザを作る。
ムスメサンの べりーすぃーつちょっこれいと は
飛び散るニンニクエキスがまんべんなくコーティングされたに違いない。

コレをいただく男子高校生がたいへんなことにならなければよいが…

「これ、手作りなのん~」
と手渡す、ムスメサンの口も、ニンニク臭が漂わなければよいが…

我が家の春はまだ遠い。

年中常夏だものな。
[PR]
by mekemeke_n | 2006-02-14 10:26 | 子ども部屋
<< あんたもかい! きんさんぎんさんは百歳でブレイ... >>



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31