女子のいる風景

きんさんぎんさんは百歳でブレイクしたじゃん!

恥ずかしながら、ここ半年程、一ヶ月に数日しか仕事してません。

昨日あたりから今月の”貴重なお仕事”が始まりました。
なのにもうさぼって、ブログ更新かい!←自戒の言葉

友人でもあり、師匠でもある彼女から
「そんなに難しく考えなくていいから。”屁”みたいな仕事だから」
と、いただいたお仕事ではありますが。
その ”屁” を こく 生み出すのに
ワタシの場合は、すんごい時間とエネルギーを必要とするわけで…
鈍い右脳をやっとこさ叩き起こし、悶々と悶絶する数日間を送ります。

なにせ、企画書を書く段階ですでに、脳内飽和状態。困ったもんです。
屁 みたいな仕事なのに、なんで企画書まで書かせるんだよ!師匠
と叫びたいとこですが
プロな方々にしてみれば、企画書などは仕事のうちに入らんのかもしれません。
企画書が書けて、初めて仕事が始まるってとこなんでしょう。
そう考えると、素人なワタシにこのような機会を与えてくれてありがとー!と
師匠に感謝でございます。


しばらく連絡が途絶えていた、心の友に、今自分がやっていることを
いい歳して見習いの身だとメールしたら

歳がなんだっての!今から中央出てバリバリやろうなんて野望でもあるならともかく…
それも一つの才能と思えばいいじゃん!あたしにはとうてい無理な事だよ。
それにさー、きんさんぎんさんなんか100歳でブレイクしたじゃん!

という言葉が帰ってきました。
彼女は自分の足でしっかり立って、一人で仕事して家族を養ってる人。

その言葉で、なんだか憑き物が落ちたような気がして、すごく気持ちが楽になりました。
確かに同年代の方々は、もうプロと呼ばれる仕事をしているし
新たに道を切り開いて、ワンステップ上へ上って行く人もいます。
でも、私は私。これでいい。
一般的な働くお母さん達みたいに、器用に仕事も家事もこなせないんだから。
たいした金にならなくても、ただ自分の時間を切り売りしてたパート時代よりも
充実感があるんだから。


100歳まで生きなくていいけど
とりあえず50くらいでプチブレイクしてみるのもいい。
(するかはわからんわな…てか、形はどんなでもよい)
なんて思えるようになりました。




そんなわけのわからない事をぼやきながら
本屋で座り込んで資料探ししている若作りの中年女がいたら、きっとそれはワタシです。
蹴飛ばしたりせずに、そっと見守ってあげて下さい。

ワタシは今、作文の課題に悶絶する小学生と同じレベルで仕事しています。
せめて、卒論を書く大学生レベルになりたいです。(泣
[PR]
by mekemeke_n | 2006-02-13 16:16 | 女のためいき
<< 娘に春は来るのか? イマドキの体育教師の気の利いた言葉 >>



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31