女子のいる風景

いただきます。

給食費を払っているのだから「いただきます」を言う必要はない。

学校へこんなクレームをつける親がいるとは、呆れたもんだ。
うちだって払ってるわい!給食費。
そもそも 「いただきます」は誰に向けた言葉なのか。
食材の生産者の方・流通に携わった方・給食を作ってくれた方・もちろん給食費を払ってくれる両親
そして、大地の恵み
全ての人と物への感謝の心と、今日もこうしておいしくいただける健康に
心を込めての 「いただきます」ではないのだろうか。

なのに、それを
金払ってるんだからって…



子ども達も、そして我々親も
小さい頃からあたりまえに「いただきます」を言ってきた。
もはやそれはごく自然の行為で、改めて考えることでもないような気がする。
 (道で知り合いに会ったら挨拶をする。ウンチしたらケツを拭く。
  鼻水が出たらティッシュで拭く。鼻クソがついてたらどっかになすりつける。
  そんなレベルで普通の事だと、母は思うのだが…)


口に出さなくとも、確認しなくとも、言葉にできなかったとしても
人は皆、そうゆう感謝の心を持ち得ているはずだ。



それを何故、わざわざ論議しなければならないのだろうか。
悲しい…

このクレームをつけた親は、このご家庭での「いただきます」は
いったい誰へ向けての「いただきます」なのだろうか。
もしも、それが、「両親」へ向けてだけのいただきますなら
それはそれでよい
「お父さん、お母さん給食費を払ってくれてありがとう」のいただきますでもいいじゃないか。

と言うより、そういう習慣がないのだろうか…

しかし、そんなにもったいないのか、「いただきます」が
「いただきます」の安売りはしちゃいかんのか?
まったくもって理解不能だ。


ちなみに我が家の「いただきます」は
もちろん、母への感謝の「いただきます」に違いない! (と思う事にしよう)

それにしても
死ぬまでに一度は言ってみたい

『お金ならいくらでもあるのよ』 

            本題からかけ離れましたが…
[PR]
by mekemeke_n | 2005-12-09 17:38
<< 気苦労の多い中2女子 イメージバトンですってよ。 >>



すっとこどっこいな三姉妹の回想録とぐうたら母の愚痴だったり妄想だったり…
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31